© 2016 PASSAGE ENGLISH All Rights Reserved

  • Grey Instagram Icon

PROFILE   講師プロフィール

提 絵夢里 Emuri Sage

 

中学入学前に父親から勧められたNHKラジオ英語講座に魅せられるも、初めての英語の授業でラジオとはかけ離れたギャップにショックを受け、英語が「退屈」で「つまらない」ものに。

 

中3では洋楽好きな友人の影響で英語への憧れが再燃、高校ではバイリンガル教師の海外文化を取り入れた授業で再び英語好きになるも部活に打ち込み上達せず。新卒で日系航空会社に入社後、外国人パイロットがいる環境から外資系航空会社への転職を目指し、本格的に独学で英語の勉強を開始。

 

入社時のTOEICスコア425点から880点に達したのを機に27歳で外資系航空会社に移り、ロンドンで3年を過ごす。帰国後は外資系レコード会社で約9年間、外国人付秘書、翻訳などを経て商品の輸出入(貿易事務)を担当、現場でビジネス英語を身につける。アルク TOEIC(R)L&Rテストスコアアップ指導者養成講座修了。TOEIC®ベストスコアは965点 (リスニング満点)

 

 留学経験・海外在住経験なしで英語を習得した方法を聞かれることが多く、またこれだけ英語教材、英会話スクールが溢れているにも関わらず、上手く利用できず上達しないまま英語の習得を諦めてしまう人があまりにも多いことにも疑問をもつように。自身が初心者から独学で楽しみながら英語を身につけた経験を活かし「英語は難しくない」「英語を話せるようになったことで世界が広がる」を体験してもらいたい、初心者の方にも気軽にリラックスした雰囲気の中で英語を楽しんでもらいたいと、築100年の長屋をリノベーションした自宅で、1人1人異なるオーダーメイドスタイルの初心者向け英語サロンPASSAGEを開講。企業でのビジネス英語研修や、幼児向けレッスンなど、外部での活動も行っている。家族は夫と6歳の娘、趣味は音楽鑑賞(Smooth Jazz)、読書(年100冊)など。 

 

MESSAGE     メッセージ

PASSAGEのホームページにお越しいただきありがとうございます。

恐らくこちらのサイトを訪れてくださった方は、英語が苦手な方、英語を身につけたいと思っている方が多いかと思います。私も実は中学校入学前〜大学まで、授業内容や先生の教え方で、英語を好きになったり嫌いになったりを繰り返していました。改めて楽しさを感じたのは高校の時。英語の文化や背景と共に英語を教えてくれた先生と出会ってからです。「留学しないでどうやって英語ができるようになったの?!」そう聞かれる度に、楽しく続ければ誰だって英語を話すことができるのに、と常々感じていたことがPASSAGEの原点です。

そんな日々感じていたことが「私がやらなきゃ!」に変わったエピソードがあります。

長女を出産し、育児休暇から復帰して2年間勤めた会社員時代、毎日出勤前に通ったカフェでのことです。

毎週のようにそこで日本人講師と英会話レッスンをしていた同年代の女性がいました。狭い店内、レッスンの様子が耳に入ってくるのですが、会話は沈黙の時間が多く、一方通行気味。残念ながら2年間で上達は見られず、その後が気になりながらも退職しカフェに行くこともなくなりました。

もう一つは近所のカフェでのこと。

お子さんの幼稚園のお迎えまでの時間を使って、外国人とカフェレッスンをしていた女性。周囲が気になるのか、こちらも小さな声で下を向いたまま無言の時間が多く、最後はほぼ日本語に。こちらももったいないレッスン時間だな…ともやもやしたまま店を出ました。

どちらのシーンでも「先生がそこを教えてあげなきゃ!初心者はそこが分からないから話せないのに…」とお節介にも心の中で何度もつぶやいていたのですが、ちょうどもっともっと英語に関わっていたいと思い始めていたタイミングでもあったので「それなら自分がやろう!」とPASSAGEをスタートしました。

 

PASSAGEでは英語を身につけたいと思う誰もが「英語で楽しくコミュニケーションできるようになること」を目的としています。

英語の上達には「継続」は避けて通ることができませんが、気軽に始められて楽しく続けられるようにサポートし、生徒さんが英語と言う新たなスキルを得ることで、自信をつけて新しいことにチャレンジしたり、コンプレックスをなくすお手伝いをしている、そんな英語教室です。

私も最初は初心者でした。英語を話す人を見ては羨ましいなと遠目に眺め、自分の話した英語が通じず外国人にあきれられたり、自分の気持ちが何も伝えられず何度も悔しい思いをしましたが、これまでに20カ国以上を訪れ、英語ができるようになったことで出会えた人、得をしたことは数えきれません。

 

​これからもたくさんの方とお会いできるのを楽しみにしています!